リサイクルショップで自転車を買い取ってもらっちゃおう!

この記事をシェアする

不要になった自転車、粗大ごみにしてますか?

そもそも防犯登録ってなんなの?

自転車の防犯登録は、購入時にみなさん経験されていると思います。
では、そもそもこの自転車の防犯登録とはいったい何なのでしょう?
この防犯登録については「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的促進に関する法律第12条3項」にて下記の通り定められています。

「自転車を利用する者は、その利用する自転車について、国家公安委員会規則で定めるところにより都道府県公安委員会が指定する者の行う防犯登録(以下「防犯登録」という)を受けなければならない」

要するに、法律でも定められている義務なので、自転車を所有する人は全員登録しましょうね、ということです。
防犯登録をしていないからといって、罰せられることはありません。
ありませんが、折角手に入れた自転車を守るためにも登録はしておくべきですし、購入の際に店舗からも強く勧められほとんどの方が登録をしているでしょう。

売る際には防犯登録を解除しましょう

さて、自転車を守るための防犯登録ですが、リサイクルショップで買い取ってもらう時には登録を解除しましょう。
例えば現在の情報のまま次の所有者が自転車を利用していた場合、状況によっては新しい所有者の方が窃盗をした、という濡れ衣を着せられてしまうこともありえるのです。

防犯登録の解除自体は決して難しくありません。
お近くの警察署や防犯登録業務を行っている店舗へ必要書類を持っていくだけ。
必要なものは、
・自転車防犯登録カード
・身分証明書
・自転車の保証書
です。
防犯登録カードを紛失してしまっていても、防犯登録シール(自転車に貼ってあるもの)に記載された番号がわかれば解除は出来るそうです。

登録したままでも買い取ってもらえる場合もあるようですが、面倒なことに巻き込まれないためにも買取前に登録を解除しておきましょう。


Topへ
戻る▲